*

支出となるので

「スプレッド」とはFX取引は通貨を買ったり、売ったりすることによって儲けを狙う商取引です。

 

買ったり売ったりの価格は、1日中上下しています。

 

これがマーケットです。

 

ラジオを聞いているとドルやユーロの市場の情報が流れます。

 

よく見るのが「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

すなわち、取引には、買いと売りの値段が存在するのです。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表現している業者もあったりします。

 

通常は売値が買値よりも安価に定められています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなるはずです。

 

その差をスプレッドといい、FX会社の収益とされています。

 

スプレッドは会社によって変化します。

 

スプレッドの広さはみなさんにとって支出となるので狭いFX業者をセレクトしたほうが有利になります。

 

ただ、同じFX業者でも局面によってはスプレッド幅は変化します。

 

例えば通常時はドルと円の組合せで1銭のスプレッド幅だとしても、為替相場の変化が大きい状態では大きくなったりする場面があります。

 

なので、スプレッドの広さが狭いのと同時に変化が少ない事が肝心です。

 

近頃では固定したスプレッドの広さを示す取引業者もいくつもあったりします。

 

現実にFX取引会社の注文画面内で実際の市場をチェックしなければ評価できないので手間がかかりますが、重要な事です。

 

重要な財産を投じてトレードをするのだから本当のエントリーの前に気になる会社の取引するための口座開設をいくつもして表示されているスプレッド幅を点検しましょう。

 

同じ外貨でも、そのタイミングの状況によって通貨のスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

おおむね、インターバンク相場で売買高が多いペアではスプレッド幅が小さく、別の通貨ペアではスプレッドの差が大きくなるのが普通です。

 



コメントする